新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

リモート学習の時代がやってきた!

Forbesの最近の記事で、コロナ禍によって優良なコンテンツを提供できる教育技術がこれまでになく重要視されており、オンライン学習の需要が高まっていると伝えられました。新型コロナウイルスの感染が広がりを見せる中、世界中の多くの学校は短期間でオンライン授業に切り替えざるを得ませんでしたが、結果としてリモート学習の普及が広がりました。

コンピューターラボへのリモート接続でオンライン学習を支援

リモートアクセス・ソフトウェアは、リモートコントロール・ソフトウェア、もしくはリモートデスクトップの名称で呼ばれています。教員や学生がパソコンの前に座っている時と同じように、遠隔地から学内のコンピューターラボにあるPCにログインをして使用できるようにするためのソフトウェアです。ラボ内でしか使用できないアプリケーションにリモートからアクセスしたい時、例えば天体観測の授業でPCと接続された望遠鏡を操作するなどの場合に、Splashtopはそれを可能にする優れたソリューションなのです。

Splashtopのリモートアクセスを利用すると、教職員やITサポート担当者は、ラボにあるすべてのPCや接続機器を遠隔で管理し、PCを使用する教員や学生をリモートでモニタリングしながら、操作をアシストすることが可能になります。

さらにSplashtopのリモートアクセスは、個別のPCにソフトウェアライセンスをインストールする必要がないため、導入や管理コストも節約することができます。もし、AutoCADやAdobe Creativeなどの高価なソフトウェアを学生全員に配布することになったら、莫大なコストが生じてしまいます。また、Splashtopのリモートアクセスはとてもわかりやすく簡単にセットアップができます。

Splashtopのリモートアクセス・ソフトウェアは、ストリーマーアプリとクライアントアプリの2つのコンポーネントから構成されています。ストリーマーアプリはラボのPC側にインストールされ、クライアントアプリは学生または教員の端末側(ノートパソコン、タブレット、スマートフォン)にインストールされるものです。一連の設定が完了すると、ユーザーは学内のワークステーションにいるかのように、自分の端末上でプログラムを実行することができます。

画像1

世の中には様々なリモートアクセス・ソフトウェアが存在していますが、その中でもSplashtopは操作が簡単で、安全で手頃な価格帯のサービスであるために、多くの高等教育機関に採用をされています。さらなる機能として、Splashtopはマルチモニター環境における1秒あたり40フレーム(40fps)での4kストリーミング配信にも対応しています。iMac Pro27インチ Retina 5Kディスプレイもサポートしていて低遅延の作業環境を実現しています。メディアやエンターテイメントを専攻する学生にとって、超高画質映像のストリーミングがリモートで実行できるようになり、動画やあらゆるデータ様式、ファイルにアクセスをすることが可能になるのです。米国ではスタンフォード大学、カリフォルニア大学バークレー校、ペンシルベニア州立大学やコーネル大学など多くの大学機関がSplashtopを採用しています。

ポストコロナ時代の教育改革

多くの大学機関がコロナ禍によってもたらされた変化に備えていなかった一方で、革新的な取り組みを進めてきた大学もあります。インディアナ州にあるゴーシェン大学はモバイル・コンピューティングをキャンパス内に導入した世界で最初の高等教育機関のひとつです。しかしゴーシェン大学がこの技術を導入したのはコロナ感染拡大よりもっと以前でした。iCore技術イニシアチブの取り組みとして、180名の新入生とその教員にiPadを配布し、Splashtopを活用したリモート学習ツールとしての有用性を模索しました。ニューヨーク州のコーネル大学もSplashtopを採用し、リモート学習を推進してきた名門校の一つです。

生物進化論の教えによれば、地球上に生き残ることができるのは変化に対し最も柔軟な人間であるといいます。現在私たちはコロナ危機によって環境の変化への適応を余儀なくされており、それはあらゆる組織にとっても同じです。

ポストコロナ時代を生き抜く大学機関は、変化に適応するだけでなく変化を受け入れ改革を進めていくことができる大学であるといえるのではないでしょうか。

学習のリモート化へ対応するためには、大学機関の教育サービスも柔軟で流動的である必要があるでしょう。

これからはリモート学習も取り入れていく時代になりそうですね。

ポストコロナの世界で、Splashtopは時と場所を選ばず教育を支援していきます。

「新型コロナウイルスは、私たちが最初にSplashtopを生んだきっかけを鮮明に思い出させてくれます。効果的なリモートアクセス・ソリューションを運用することは、学校のような慣習的な組織をより柔軟に変える手助けになるのです。」 –米Splashtop社CEOマーク・リー

US版の記事こちら:https://www.splashtop.com/remote-learning-remote-computer-labs-stay


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
リモートデスクトップのSplashtop がおくる、働き方を考えるメディア。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。